ヘッダーロゴ画像 GAKUSEN GLOBAL

テキスト画像 日本で学ぶ優秀な外国人留学生を検索して採用するサイト


メインビジュアル画像 留学生 顔写真

日中英の3ヶ国語を自在に操る語学力で
言葉の壁を破り世界をより近くする

ミスコングランプリ・団体での大改革などを通して得た
先頭に立つ能力で、世界を繋ぐリーダーとなる

Gu Weiying
コ・イエイ
中華人民共和国出身
早稲田大学 国際コミュニケーション研究科 英和通訳

氏名

Gu Weiying(コ・イエイ)

国籍

中華人民共和国

日本語能力

母国語レベル

使える言語の種類

日本語 (母国語レベル)
中国語 (母国語)
英語 (母国語レベル)

在住

東京都

学校名

早稲田大学

学部・学科

国際コミュニケーション研究科 英和通訳

学年

修士1

卒業年度

2016卒

志望業種/業界

コンサル
サービス
マスコミ
メーカー
不動産
医療・福祉
商社
官公庁・公社・団体
広告
海外事業
百貨店・小売・専門店
美容

志望職種

企画系
技術・研究開発系
総合職
販売・営業系

希望勤務地

どこでもOK

学生団体

---

テキスト見出し この留学生の雰囲気と日本語能力を動画で確認

日常または過去にどのような活動(例えば学生団体所属等)に力を入れていますか?または入れてきましたか?

私は小さい頃から日本文化、特にアニメの主題歌などの魅力に取りつかれていました。そのため大学では日本のアニメと漫画など、日本文化全般を扱うクラブに入会します。しかしこのクラブは扱う内容が広範囲に及んでいることもあり、それぞれが自分の気分で好きなことをやっているだけで、団体の中での統一感がなく、組織として機能していない状況でした。そこで私は、団体代表に選出されたのを機に、状況を一変させるべく改革に乗り出しました。
まず、混沌とした団体の活動を4つの部門に明確に分類しました。それぞれの部門は与えられた活動のみを専門に扱い、自らのタスクにのみ集中させたのです。そして各メンバーは私が定めた規定のもと、自分の好きな部門を選んで活動を行います。さらには雑誌の出版や部門をまたいだ大規模イベントの企画など、新しい試みも積極的に取り入れることで、大きな組織としての機能を取り戻せるように尽力しました。
この団体の活動以外にも、大学のミスコンテストに出場した経験がありますし、中国語と英語の通訳者として主にアメリカの著名人について生活や講演をフォローした実績もあります。

 

その中で、自分の行動により得られた結果・実績を教えて下さい。

団体代表としての一連の活動を通じて、リーダーにとって何が必要なのかを学べたと考えています。私が実行した思い切った改革の先には、当然ながら多くの困難や予想もしないトラブルが待っていました。しかしそれを乗り越えた経験は、どんな状況でも上に立つ人間として最善の判断を下せる能力を私に与えてくれたと思います。私の努力の甲斐あってか、大学で発表される団体の表彰式において「スタークラブ」という名誉ある賞を頂くこともできました。団体が賞を受けたのは、創設以来初めてのことだったようです。
一方、大学のミスコンテストでは、ありがたいことにグランプリを獲得することができました。コンテストでは、見た目だけでなく内面の美しさも評価されますので、私に大きな自信と勇気をもたらしてくれました。また、コンテスト出場によって、多くの人の前で自信と誇りをもって話すことが好きになり、通訳の仕事も誇りを持ってできるようになったと思っています。

 

あなたが日本に来ることになった経緯を教えてください。

私は小学生の時から、日本のアニメをテレビでよく見ていました。当初、日本に対して特に思い入れはありませんでしたが、中学生の時に見たあるアニメをきっかけに日本のことを全身全霊で好きになります。一般的に日本のアニメの主題歌は中国でも日本語のまま放送されるので、初めて耳にした日本語もまた魅力的でした。歌詞の意味はあまり分からないけど強引に覚えて歌ったりしたこともよくあります。そして大学生になって前述したクラブに入り、さらに深く日本文化と関わっていきました。
日本語の勉強は大学2年の時に本格的に開始し、約半年で日本語能力検定1級を取るレベルにまで引き上げます。大学3年生の時に運命の出会いを果たし、英語の通訳の仕事を始めたので、日本語の勉強からは一旦離れることになりました。
大学4年生の時に現在通っている早稲田大学に行くための奨学金を申し込みましたが、残念ながら受けることはできませんでした。当時私はすでに20歳を超えていましたから、もうこれ以上、親に迷惑をかけられないという気持ちが強くなり、1年間中国にとどまることを決意します。その間は通訳とTOEFLの講師として働き、その翌年、ついに奨学金を受けることができて来日を果たします。そして現在は、早稲田大学の大学院生として勉強と研究に没頭しています。

 

日本でどのくらい滞在したいか、日本で何を成し遂げたいかなど、あなたの日本での今後のビジョンを教えてください。

私は来年、早稲田大学を卒業しますが、可能であればその後、中国にいた頃と同じように、通訳者として働ければいいなと思っています。2ヶ国語の通訳者ならたくさんいますが、私は日本語も加えて3ヶ国語の通訳者になって、唯一無二の存在を目指したいです。通訳者であれば会社の種類や仕事をする場所は関係ないと思いますので、特に現時点で希望はありません。
そして将来の夢は、グローバル化が進む世界のさまざまな場面で、通訳者として言葉の壁を取り去り、多くの人が言葉の不自由を感じることなく繋がっていける、そんな世界を結びつける架け橋のような存在になることです。
今はまだ、日本語の能力も完璧とは言えませんから、これからもより一層努力して自分が目指す姿へと近づけるように頑張っていきたいです。

[インタビュー日:2015年2月]

この学生を・・・

  • 面談を依頼する

  • 会社資料を送る

  • 会社説明会に呼ぶ

  • インターンに誘う

  • アルバイトに誘う

  • お気に入りリストに登録する

企業ログイン

バナー画像 GAKUSEN GLOBAL Facebookページ